大学生あるあるブログ

あるあるネタを書かない雑記ブログ

専門分野を英語で学ぶ 大学の授業制度

f:id:yanagiii:20170416172612j:plain

 

こんにちは! やなぎーです!

 

大学での履修も決まり授業が始まりました。

 

僕の履修している授業の2/3は英語で授業をやりまして

ほぼ自動的に履修は組ます

特に英文科というわけではないんですが

留学するための準備として専門的なことを英語でやる学科に入りました

 

そして

初回の授業ではたいていガイダンスで授業についての説明がされるのですが

その時に教授に言われたのが、

 

(仮にアメリカ経済論の授業とします)

 

私は日本語での授業でもアメリカ経済論を教えています

日本語ではアメリカの文化やバックグラウンドなど難しいことまで詳しく教えています

ですが英語での授業ですと、おそらく皆さんが理解できないと思うので

簡単に大まかなことしか話しません。

 

 

と言われました。

 

 

ん?じゃあこれをとる意味はなんだ?と思ってしいまして、

確かに英語だと難しい内容を話されたら理解できないかもしれません

 

ですが、日本語のアメリカ経済論を受けてそれから

英語のアメリカ経済論をやるならまだわかりますが、

 

初めから英語で受けさせ日本語での授業は単位の関係上

取れるとしても4年次でないと不可能という制度がよくわからないんですよね。

 

明らかに同じ専門分野を日本語で授業を受けているほかの学科の人たちと

知識の差が出るのでは?

と思いました。

 

 

結局は各自、自分で勉強してくださいってことなのかもしれないですね

 

まあ英語での授業だと、集中してやるからいいかもしれないですね

聞き逃したらわからなくなりますからね、、

 

よ~~し勉強してやるぞ!

広告を非表示にする