花咲か兄さん

頭から花を咲かせる雑記ブログ

世界と日本 就職人気企業ランキング 比較

 f:id:yanagiii:20170512231929j:plain

 

 

今年から先輩方と授業を受ける事が増え、その中にスーツを着ている人を見かけます。

おそらく、就活やインターンなのだと思います。

 

今の人たちはどんな企業を目指しているのか、どんな企業が人気あるのか

気になったので調べてみました

 

 調べたのは文系の人気企業です

 

日本 就職人気企業ランキング

サイトによって少し違っていたので2つ用意しました。

<参考サイト>

f:id:yanagiii:20170512233532p:plain

<参考サイト>

f:id:yanagiii:20170512233533p:plain

 

メガバンクや総合商社、航空会社が人気なようですね

電通が10位以内に入ると思っていたんですが、やはり過労死問題で順位が落ちたみたいです。

 

 

次は世界のランキングを見てみましょう 

 

世界での人気企業ランキング

こちらは世界で最も人気のある企業ランキングになります。<参考資料>

f:id:yanagiii:20170512232804p:plain

 

 これは、また面白いランキングですね。

1,2位はGoogleAppleというのはいいとして

日本との大きな違いはBig4、つまり4大会計事務所がトップ10に入っていることではないでしょうか。

 

Big4とはE&Y・Deloitte・KPMG・PwCとことです。

 

数ヶ月前に、米アカデミー賞の授賞式で、作品賞受賞が「ラ・ラ・ランド」と間違えて発表されるという前代未聞のハプニング が起こり、その時に封筒を渡した人がPwCの会計士で、ニュースに取り上げられていたので聞いたことがあると思います。

 

監査法人

 

ではなぜ、監査法人が人気なのでしょうか?

 

理由は2つあると思いました。

 

まず、1つは資格の取りやすさです。

日本には公認会計士という資格があります。それは「弁護士」「医師」と並ぶ三大国家試験と位置付けられています。合格率は約10%でかなり難易度の高い資格です。

しかし、この資格はこれだけの難易度にもかかわらず日本でしか使えないのです。

 

それに対して米国公認会計士USCPAはこの資格を取れば世界で使えます

しかも難易度は日本の公認会計士試験より低いと言われていて、科目も一科目ずつ

受験が可能なのです。

科目別
合格率
2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
FAR
47.97% 48.32% 47.60% 46.75% 45.55%
BEC
52.83% 55.83% 55.46% 56.48% 55.41%
REG
48.15% 48.48% 49.41% 49.43% 48.45%
AUD
46.89% 45.87% 46.35% 47.28% 45.86%

参考サイト

 

2つ目はキャリアの考え方

 

日本は終身雇用という考え方があります。そのため、転職をして自分のスキルアップをしようと思う人が少ないのです。

私が思うには会計というのは、仕事をする上では大切だと思っています。

やはり、自分の会社がどうなっているのかを知るには決算書などの数字をみて理解する必要があると思います。そのために、数字には強くなっていた方がいいですよね。

 

一方で海外では、人生で転職は平均3,4回はするそうです。

つまり、まずファーストキャリアで会計の知識をつけその後、他の企業へ転職や会社を立ち上げたりしているのだと思います。

 

こうしたのが主な理由かと考えました。

 

以上!

ちなみに、公認会計士知名度低いかなと個人的に思います。

大人は知っている人はいますが、大学生だと知っている人は少ないですね。

知っていても、「名前は聞いたことあるけど、何する人?」と言う人が多いです。

もっとこの資格の存在を知って欲しいですね。

 

では また。