花咲か兄さん

頭から花を咲かせる雑記ブログ

英語学習TED オススメ6選

f:id:yanagiii:20170521191951j:plain

 

 

TED

 

 Technology Entertainment Design

=TEDをご存知ですか?

 

毎年、学術・エンターテイメント・デザインなど、様々な分野の人がプレゼンテーションを行い、その内容をインターンネット上で無料配信している非営利団体です。

 

公演時間は1本約3、4分の動画から20分くらいのもあり様々です

 

しかし、個人的にはここがTEDの魅力だと思っています。

TEDは英語学習の教材あるいは、プレゼンスキルの参考として使うことができ、

そして世界中の人のアイデアや知識に触れる手段として最適なサービスです

 

英語での動画になりますので、初学者には3、4分などの短めの動画を見たりして、勉強することができます。

あるいは、興味のある分野の動画を何度も見るのもいいと思います。

 

うれしいことに、著名人の公園動画には

日本語約がついてるものもあり、またYouTubeにもあるので誰でも簡単に見ることができます。

 

そんな動画の中から私がオススメしたい

動画を紹介します

 

How great leaders inspire action

 

サイモン シネックがリーダーシップについて説明します。全てはゴールデンサークルと「何のために」という質問から始まります。

ゴールデンサークルは内側からwhy how whatとできている

世の中の人々、組織は自分たちが何をしているのか、どうやっているのかは知っている、しかし、なぜやっているのか知っている人は非常に少ない。

f:id:yanagiii:20170521193839p:plain

普通の人たちは外から中へと考える、人に伝える、しかし、優れた人や企業は中から外へと伝える。そこで、サイモン シネックさんは例としてアップルのCMを取り上げます。さらに他の例としてマーチン・ルーサー・キングライト兄弟の話もでてきます。

 

なぜ最高したのか?その要因なにか?

 

The art of misdirection

黒子のバスケをご存じでしょうか?黒子テツヤが使う視線誘導

そう、ミスディレクションの話です。

世界一のスリとして名高いアポロ・ロビンスは、人間の知覚の弱点を利用して、実際に話しながら、相手の気を逸らし時計や金を盗んだりするのを見せてくれます。

 

その仕組みはいったい?

 

A 12-years-old app developer 

12歳の子の多くはビデオゲームで遊ぶのが好きですが、トーマス・スウォレズの場合はゲームの作り方を学びました。モグラたたきゲーム「バスティン・ジーバー」のようなiPhoneアプリを作ったあと、彼はそのスキルを生かして他の子どもたちが開発者になる手助けをしています。

12歳でプレゼンなんて、、まじか!!

私が12歳の時なんて外で遊んでましたよ。

 

How to sound smart in your

ウィル・スティーヴンが、何にも話すことがなくてもすごい話をしているように見せられる鉄板のプレゼンスキルを披露します。写真、数字やグラフ、など様々なものを使い、頭が良いいように思わせるプレゼンしてくれます。とても面白くて、思わず笑ってしまいました。しかしそれと同時に、プレゼンのテクニックの重要さも思い知らされました。

これはかなり勉強になります。

 

Your body language shapes who you are

私たちのするボディランゲージは、自分に対する他の人の見方に影響しますが、自分自身の見方にも影響します。社会心理学者のエイミー・カディは、自信のないときでも自信に溢れる「力のポーズ」を取ることで、脳内のテストステロンやコルチゾールのレベルが変化し、成功できる見込みも変わるのだと言います。

つまり、面接の前に椅子に座って手帳やメモ帳なのど見ているより、体を広げて自分はできるぞ!って思ってしてほうがいいのかもしれないですね。

 

The linguistic genius of babies

 

パトリシア・クールが、赤ちゃんは多くの言語の中から1つの言語をいかに学ぶのかということに関する驚くべき発見を紹介しています。赤ちゃんは周りの人が話すのを聞いて、理解すべき音の「統計を取って」いるのです。巧妙な実験(と脳のスキャン)を通して、生後6ヶ月の赤ちゃんが世界を理解するために洗練された推論を行うことが示されています。

 

 

以上!