花咲か兄さん

頭から花を咲かせる雑記ブログ

初心者にオススメ 経済学入門書 2選紹介

f:id:yanagiii:20171006222451j:plain


これから紹介する本は経済のことがよくわからずに、社会人になったかた

あるいは、経済学部に入ったけど、いまいち経済学というのがよくわからないと思っている人におすすめです。

 

 

 

 

 

池上彰のやさしい経済学1しくみがわかる

f:id:yanagiii:20171006223134j:plain

 

もととなる講義は、芸術系の学生を対象に行われたものです。経済学などの専門書になるとどうしても堅い表現で理解しづらい…経済学なんてむずかしそう…と敬遠しがちな学生たちに向け、興味を持ってもらえるようにと、様々な工夫を凝らしています。

 

さすが池上さん!って感じですね、やさしい言葉で楽しく経済の基礎が学べます。

はじめの一歩に最適の書です。ビジネスパーソンのみならず、学生さんや主婦の方など、世代を問わずどなたにでも読むことができると思います!

 

ぜひこの機会に一度手に読んでみてください。 

 

 

 

内容は、経済とはなにか?貨幣の誕生、アダムスミスやマルクスケインズなど有名な経済学者がなにをしたのか、また、TPPの課題や

・経済という言葉は「経世済民」の略で、「世を治め民を救う」という意味だ。

・昔の日本では、物々交換の仲立ちとして稲や布が使われていた。現在でも、稲は値段の値として、布は紙幣の幣として残っている。

・昔の中国では、「子安貝」という貝がお金として使われていた。現在でも、お金に関する漢字には貝という文字が残っている。

たとえば、買い物の『買』、貴重品の『貴』、貯金の『貯』、財産の『財』、資本の『資』などの漢字に残っている」

細かくは書いていないですが、この本を読むことである程度イメージができるようになると思います。

 

単行本ですと少し高いですが、文庫本で買うと100円6枚で

グッと教養が高まります。

 

かなりコスパのいい本です!

 

 

池上彰のやさしい経済学2ニュースがわかる

f:id:yanagiii:20171006224729j:plain

 やさしい経済学1が主に経済の原理を扱っているのに対して、本書はいわゆる応用編となります。

 

やさしい経済学2から読み初めても、特に問題なく読むことができるが一巻から読む方がしっかり基礎を学べると思います。

 

 

内容はインフレとデフレ、財政政策と金融政策、バブルの発生と破綻、円高と産業空洞化、社会保障と税、リーマン・ショック戦後日本経済史など。

インフレ、デフレってなに?なんでバブルが生まれるの?

リーマンショックってなにが起きたの?将来年金はもらえるの?消費税はどうなるの?

 

さまざまな疑問を本書が基礎的なことは解決してくれます。

この二冊を読んだあと、難しく、深い事柄を扱った本を読むといいと思います。